So-net無料ブログ作成
検索選択

家族4 [政治]

調べてみると無宿人の凶悪犯罪は昔から問題になっていたようです。親兄弟など身内のいない人の犯罪は深刻化しやすいということなのだと思います。核家族化が進み親族関係が希薄になり単身単独世帯が増え続けている現状は、凶悪犯罪に結びつきやすい環境に追い込まれているともいえます。自暴自棄になりそうなとき親兄弟などの親族の顔が思い浮かんで思いとどまることが多いのではないでしょうか。親兄弟など親しい身内のいない人と親しい親族身内に囲まれる人では命の重さの感覚が違ってしまうのだと考えられます。福祉の社会化は少人数世帯、単身世帯に対応するために社会が家族に変わる存在になろうとしているのでしょうが、希薄な家族関係の中では凶悪犯罪の深刻化に負けてしまいそうです。まじめに働くより、犯罪を犯して年金や福祉に甘え、病院や刑務所の中の方が安定した生活が約束されることになってしまいます。犯罪を犯しても更正機能が発動して保護が優先してしまう。親兄弟などの親しい身内がいないのだから責任をとる者がいない、迷惑の及ぶ者がいない。犯罪を誘発するモノは存在しても犯罪を押しとどめる存在は消え失せているのが現状といえます。慰安婦問題が相変わらず騒がれていますが、平和な家庭を破壊する根源が風俗産業に根ざしているように思います。一人親世帯の貧困問題も深刻化しています。生活が成り立たずに家族分断政策で福祉や保護の対象に追い込んでしまう。家族親族問題は犯罪の抑止力として欠くことができないはずなのに、家族分断からの公的支援の方を優先させてしまう。重税と手厚い福祉政策で生業を奪い、家族を分断して、外国人を呼び込み、見知らぬ人に囲まれ、孤立させられたら犯罪という誘惑に駆り立てられない方が不思議かもしれないね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

楽市楽座 [政治]

統治のための税金と産業は切っても切り離せない関係にある。多くの為政者たちが租税と産業に心を砕いてきたのは言うまでもない。かっての信長は楽市楽座と称して租税免除を行い産業の発展育成に成功している。これはこれまで租税が免除されてきた特権階級からの納税に成功したからともいえる。自己の統治下に多くの特権階級と呼べる人たちの取り込みに成功したわけだ。何の根拠もなく自己の既得権を投げ出す人はまずいない。それらに見合うような彼らの処遇、存在を作り出したから楽市楽座が成功したともいえる。これまでにない統治システムを身をもって示したから多くの賛同を得ることに成功したのだと思う。現在はどうなのだろう。統治のための租税管理税収管理に明け暮れている。重税に苦しみ多くの産業が立ちゆかなくなり倒産廃業が後を絶たない。財閥特権階級の自治が公然と行われ名前だけの国家システムになりつつある。支持されない相手にされない政治政権になりはててしまった。国家統治のビジョンがない夢も目的もない。日々の税収管理に明け暮れその責任はどこにあるのかすらわからなくなっている。名前だけの政治政権にそれに代わるモノが見つけられずに困り果てているのが現状ともいえる。所在と責任はどこにあるのだろうね。既得権にしがみつきそれらを容認するだけの道に明日はないと思う。何をどうしたいのだろうね。批判されて周囲の声にかき消されて黙り込んじゃうのかな。既得権にあぐらをかいて極楽とんぼのような生活に明け暮れてしまうのかな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

責任8 [お勉強]

排他性 昔イスラム 今レッド 今も昔も 隠蔽体質 何も知らない 貧困生活 相続できぬと 世代の格差 角海老宝石 詐欺不動産 真に怯える 明日の天気。
この道を力強く前へアメリカのために。在日の希望がゆきわたる国へ。憲法守れ、中朝の生活第一、安全第一。不動産王、奴隷商人、人身売買、宝石商人、畑の売買から大統領ね。何をしても逮捕されない特権階級、昔はそれなりの品位と風格を備えているのが当たり前だったからこんなことになったのだろうね。
どさくさに紛れて取得した財産の相続が認められるのだろうか。所有権さえ曖昧なのにね。天皇制は2700年近いとされ127代かな、2世代3世代の遺産ではないよね。さんざん好き勝手して国民を奴隷に追い込み、都合が悪くなったらドロンが許されるのかね。多くの人が不本意な死を迎えたのにね。日本国憲法の破綻なのだろうね。戦後日本の破綻なのだろうね。日本国憲法という奴隷制を受け入れてでも維持すべき和平なのだろうかね、支持できる相手なのだろうかね。許容できる相手なのだろうかね。金持ち喧嘩せずで冷めた目で見下す程度でいいのかもね。相手にしないことかもね。法も守れない責任もとれない奴らが相手にしてもらえなかったように、歴史に従うだけかもしれないね。天皇の国事行為は内閣が責任を負うとなっていて、その内閣は国会議員で構成されていて、国会議員は不逮捕特権を持っているから、この国には責任をとる者が存在しない。破綻しない方が不思議だよね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

相続6 [政治]

相続問題が大きく取りあげられるようになってきた。相続が争続になってしまうこともしばしばです。相続問題は後継者問題に他なりません。家族でも企業でも自治体でも国家でも相続問題、後継者問題は同じといえます。しかし家族や個人企業の相続問題は大きく取り上げられますが企業、自治体、国家ではうやむやにされてしまうことがしばしばです。個人の資産を誰が受け継ぐかばかりがクローズアップされるだけだからのように思います。親の資産、金銭評価しか目に入らないのかもしれません。相続問題は後継者問題であり、後継者の育成、リーダーの育成に他なりません。相続問題は金銭問題として均等分割思想ばかりが一般化して後継者の育成、リーダーの育成はないがしろにされてきたのが実態です。そのいい例が学校教育でしょう。均等教育、均一教育ばかりが推し進められ、リーダーの育ちにくい、外国人や留学生ばかりが優先される教育になってしまったように思います。これは共産思想の悪しき弊害のように思います。皆に平等に均等には相続を認めない思想から来ているものだと思います。天皇制は日本そのものだと思います。相続の原点がここにあるように思います。日本の形成、国家の形成が天皇制にあるわけだから、これを否定することは日本の相続を認めないことになります。しかし民主化と国民主権と天皇制と個人資産の相続に明確な答えはまだ出されていません。資産と権力の概念や位置づけがまだはっきりしていません。これからも相続は争続として引き継がれていくだけなのかもしれません。相続は後継者の育成リーダーの育成に他ならないように思います。多くの人が納得できる後継者リーダーを育てることが相続継承に他ならないように思います。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

家計 [政治]

限られた収入でやり繰りする家計には必ず我慢やあきらめが混在している。どんなに欲しいモノ必要なモノがあっても我慢したりあきらめざるを得ない。これが自治体や国家となると適用除外になってしまうようだ。必要だから俺のメンツが立たないからの方が優先してしまう。権力者の傲慢やわがままに振り回されるだけの収入管理税収管理になってしまうようだ。これでは国民生活住民生活が成り立たない。選挙って何のために行うのだろうね。国民住民の意思表示として欠くことのできないモノ。そうなのだろうね。選挙結果が国民住民の意思として結果だけの無条件白紙委任になってしまう。生活できない、生活が成り立たないのだよね。これらに答えてくれる候補者はいない、出てこられない。障害者福祉だと言って重症者、重病人ばかり優先されてしまう。重症者重病人難病患者のために家計が破綻してしまう、地域財政国家財政が破綻してしまう。必要だから俺の顔が立たないからが優先してしまう。難民支援や海外支援ばかりが優先してしまう。彼らがかわいそうだから、放っておけないから、赤字の家計と地域国家の財政破綻が目に見えている。スポーツは大切で国民に夢と希望を与えるモノ、オリンピックはその最たるモノだから優先させなければならない。お金は無いよね。必要だから、大切だから、家計ならどうするのだろうね。物品税が消費税3%になり、5%、8%と歩んできた。どこに消えてしまったのだろうね。何が変わったのだろうね。途上国の生活が豊かになり、温暖化が進み、難民が増え続け、ストレスばかりが大きくなり少子化が進み、孤立化単身世帯ばかりが増えてきた。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

生活2 [政治]

あなたは仕事に生きたいのだろうか。生きること=仕事なのだろうか。お金に生きたいのだろうか。生き延びるためにお金が欲しいのだろうか。お金が生きること、生きたことの証なのだろうか。あなたにとって仕事とは何なのだろう。生きている証なのだろうか。あなたにとって家族って何なのだろう。伴侶でありあなたの宝物なのだろうか。あなたの存在証明、根拠なのだろうか。あなたはどのように暮らしたいのだろう。何を求めているのだろう。何を求められているのだろう。家族がいて仕事があってあれこれ言いながら生きているだけ。生きるって何なのだろうね。あなたは何を言いたいのだろう、誰に何を訴えたいのだろう。余計なことを考えないために、忘れているために仕事に、家庭に生きているのだろうか。だとしたらほどよい環境って何なのだろう、何があなたらしい生活になるのだろう。あなたが見ているものは何なのだろう。家族であり、日々の仕事であり、生活であり、そこに何があるのだろう。日々の食材や日用品、娯楽や観光などそこに何が見えているのだろうね。どのように生きたい、暮らしたいのだろうね。街を歩けば多彩な人々に出会うようになった。多彩な商品や娯楽に出会うようになった。これがあなたの望んだ生活なのだろうか。僕にはほとんどどうでも良いような人ものばかりだ。あなたはどうなのだろう多種多様な人もの商品に囲まれて幸せなのだろうか、望んでいた生活なのだろうか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

国連 [政治]

国連はその役割を終えた、あるいは終えつつあるのかもしれない。サミットや外相会合もそうなのだろう。オリンピックやサッカーのワールドカップもそうなのだろう。元々国連の設立趣旨が国際親善とそれによる戦争回避だったのだと思う。現在の国際会合やスポーツの国際大会はそれらの目的に沿っているのだろうか。現在は国際親善や相手国の理解と言うより、商業化され、一部の特権階級や富裕層のために理想論を打ち上げるだけの自己アピールの場になりはててしまっているのだと思う。幼子が母親の気を引くために騒いでいるようなものなのかも知れない。商業化された首相の海外訪問なども行き過ぎなのだろう。国際親善や戦争回避が目的なのであって、自己アピールと理想論の安売りが目的ではないはずだけどね。それらの責任とツケは国民に回ってくるのだから"いい加減にしろ"とでも言いたいような政治運営となっている。国会中継の垂れ流しで支持を引き留めるより、住民生活、国民生活に目を向けた国会運営や外交活動の方がよほど歓迎されると思うけどね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

個人金融資産 [お金]

個人金融資産1,741兆円。政府の借金ばかり大騒ぎするけれどそれを遙かに超える個人金融資産が企業の内部留保などとして蓄えられている。多くの人が非正規雇用などで家庭が持てない、生活できないと困り果てているのにね。こんなに貯蓄ばかりして何をしたいのだろうね。消費税増税、法人税減税、海外支援ではないと思うけどね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

排他性 [宗教]

無責任な上司と傲慢な上司。国民の生命財産を守るってどういうことなのだろう。安保反対、戦争反対、憲法守れのお題目では無責任だ。消費増税、法人税減税、海外支援では傲慢だね。家庭が持てない、生活が成り立たないのだ。これで増税と平和憲法護持では女は風俗、男はホームレスに成ってしまう。これでは傲慢で無責任な運営でしか無い。そうならないために目的や対象を絞り込まなければならない。大衆課税、国際化標準化共通化は思い上がりでしか無い、国民住民を奴隷にするだけだと思う。財閥解体、共産思想、革命運動の負の遺産だと思う。ならば安保反対、戦争反対、憲法守れは思い上がりを助長させるだけでしか無い。身の丈に合った品位と風格を保つことが国民の生命財産を守ることになるのだと思う。身の丈に合った防備と抑止力は当然の権利であり義務だと思う。宗教や共産思想は溺れやすい理想論でしか無い、あくまで実生活に取り込めるように運用することで、東西冷戦や宗教戦争と同じ原理主義に陥らないことが肝要だと思う。国際化標準化共通化を目的にしたTPPや共産思想は巨大独占企業の形成であり、対外脅威論でまとめる排他性の強い一神教と同じ発想でしか無いと思う。傲慢で無責任な宗教戦争の2000年の歴史が、TPPや共産思想としてこれからも繰り返されるだけなのかも知れない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

子育て3 [お勉強]

子供を作られたら男に勝ち目はない。訴えられた時点で何らかの合意点を探さなければならない。引き延ばせば一生を失いかねない。検査は将来に禍根を残すだけだろう。明らかな嘘であれば争えば良いのだけれど信用失墜はさけられない。親や周りの人の任せるしかないのだろう。この場合自分の手の届かないところで人生の決定が行われることになる。これも敗北だね。何もかも忘れてやり直せれば良いのだろうけれど前科者になってしまう。子供は親次第でその生育環境が決まってしまう。詐欺を承知で売春擁護協会を受け入れれば彼女や子供に危害は及ばないだろう。何の確証もない無条件降伏だね。吸血鬼にその命を差し出すようなものだね。売春擁護協会に頭を下げるしかない。90のおばあちゃんを元慰安婦と言い出すような人たちだ。困っているのは風俗産業であり、二十歳前後の売春婦であり、売春婦の子供であることを受け入れられないと言うことなのだろう。子育てに困って政府を訴えているわけだ。こうして生まれた子供たちの生育環境が決まってしまう。このような環境にしたのは男どもに他ならない。男どもが彼女たちをこのようにしてしまったと訴えられているのである。これで国の将来が決まってしまうのだからどこかに合意点を見つけるしかない。目的や対象を絞り込むことなんだろうけれどTPPなど国際化共通化標準化を求める声ばかりが大きくなるばかりだ。理屈は理屈でこれでは勝てない。恐るべし売春擁護協会と泣き寝入りするしかないのかも知れない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る