So-net無料ブログ作成
検索選択

情報 [情報]

最近は路上で携帯片手に振り込め詐欺を指示するような光景をよく見かけるようになってきた。犯罪の現場なのだろうけれど怖いのと確証が無いので見過ごしてしまうだけだけれどね。政府は外国人誘致を進めているようだけれど、一部の業者に利益をもたらしても外国人誘致による犯罪のコストの方がそれらを上回ってしまうように思えて成らない。オリンピックだと言って競技場の改築新築に目がいっているようだけれど莫大な費用をかけて犯罪を誘致しているようだ。商業化したオリンピックに振り回されすぎているのだと思う。マスコミのあおり報道に振り回されてしまうのだと思う。情報の売り上げが彼らの生活だから得られる情報に付加価値がつくほど利益に結びつくという構造がある。言い換えれば一般市民を振り回していくらの商売とも言える。世論をあおり危機感不安感が増大するほどマスコミは活性化する構造があると言える。昭和初期の雰囲気がマスコミに振り回され戦争への道を歩んだ歴史なのかも知れない。あふれかえる情報に振り回されてしまえば破滅があるだけだと思う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

失礼しました [情報]

一部記事を削除しました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

録画 [情報]

TV番組の録画を考えているなら1TBクラスのHDDレコーダーがおすすめだと思う。ブルーレイタイプはディスクを買い足すだけでいくらでも記録できるけれど価格が高い上、ディスクの管理が難しいと思う。HDD内蔵タイプのTVと言うのもあるけれど価格が高い上に録画した番組の消去が難しいように思う(ストレスになるような気がする)、ただし操作性ならこれがおすすめかな。外部HDD接続というのはそのTVでしか利用できないなど価格は抑えられるけれど使いにくいように思う、マニア向けかな。PS3&トルネという組み合わせもあるけれどゲームや写真、音楽、インターネットなど別の用途にも使いたいなどの理由がないなら勧められないかな。普通のHDTVとHDDレコーダーの組み合わせが一番良いのかも知れない。必要ならPS3やパソコンなどを買い足していく方が現実的だと思う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

津波 [情報]

ものに溺れ、情報に溺れる社会。好きなものをいやっと言うほど簡単に調達できる社会。情報も欲しい情報を手軽に集め、ほぼ好きなように利用できる社会。目の前には欲しいというものが山のように並び好きなものを好きなだけ好きなように利用できる社会。ただ残念なのは我が体も心もこの津波のように押し寄せるものや情報に適応できずに溺れ疲れ果てている。
それもこれもうそ、でまかせが多すぎるのだろう。TVの大げさなあおりも疲れさせるひとつだろう。対米対中などの偏向報道もひどいものだ、都合の悪いことはすぐに割愛するかオブラードで包んだような報道ばかりだ。ギブミーチョコレートの世代の戦後は生涯続くのかもしれない。それから日本の公用語は日本語以外の何ものでもない。日本のTV放送は日本人向けのはずだが在日の方ばかり向いた報道のようだ。そのしわ寄せが現役世代に理想論の要求みたいなTVのあおり報道では疲れ果ててしまう。まず己の立ち位置を知り、何でもかんでも抱え込まないことだと思う。人それぞれに得意分野があり、関連機関や団体との関係も構築してきているのが普通だと思う。与えられたことや己の役割を全うすることからだと思う。いたずらに手を広げ手を出すことは組織の混乱でしか無く迷惑で不愉快そのものでしかない。嫌がらせ以外の何物でもないと思う。言い換えれば自他それぞれの居場所を尊重し大切にすることに他ならないと思う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

5S2 [情報]

マンネリを堕落などと言う人が多いけれど、歳を重ねて同じパターンの繰り返しが楽なように感じるようになった。猛烈なスピードで変化していく社会に対応しきれないのだと思う、疲れてしまったのだと思う。水戸黄門漫遊記のような大いなるマンネリでも良いのではないか。同じことを繰り返せば自ずとその道には精通してくるし、周りも見えてくる。焦らずあわてずのんびりと進むのも良いのではないのかな。それから最近の健康ブーム、ダイエットは理解できるが過度の運動や食事制限はいただけない、あわてず急がずのんびりがいい。夏場過労時の熱中症や低血糖、冬場急に動いたときの高血圧、発汗後の脱水症状きりがないね、ゆっくり休むことも大切だと思う。君の負けず嫌いにも困ったものだ。いい加減にしてほしい! 自民の混乱で米頼みの売国奴がまた増えたようだ。何かにつけて財源不足ばかり訴えるが、年金や保険の基金運用先などには口をつぐんだままだ! 特別会計、公金会計も一般人にとっては税金と同じにしか映らないよ。政界も介護の現場と変わらないな、権限が大きい分始末が悪い。前に進むのは容易だけれど退くのは難しい、先の敗戦等は将が面子や既得権に囚われて退くことができずに多くの命が奪われてしまった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ストレス4 [情報]

最近は何かにつけて疲ればかりがひどくなってきた。家に一人でいても休めない。テレビすら外の世界を見せつけられ、いたずらに北朝鮮問題や振り込め詐欺、貧困問題、環境問題などで不安心理を煽りたてる国民不在の自民党や対米追従路線の神格化、絶対化作戦とでもしかいいようがない。
景気対策と称しての大量の通貨供給政策とそれに余りあるような生産能力。行き着くところは温暖化、そして時間に追われるストレス社会なのかな。養育や介護などの価値判断の捉え方になるのかな、物的豊かさは解りやすいけれどそこに未来はないように思う。やっぱり時間の豊かさの方が良いように思う。自然と共生する生き方とでもいうのかな、いくら便利になっても時間に追われるストレス社会に幸せがあるとは思えない、時間楽しむ生活の方がよっぽど幸せな生き方のように思うし、ほかの選択肢に人の未来はないように思う。有り余る物的豊かさは守ってもばらまいてもうまくいかないのかもしれない。紛争のネタでしかないと思う。価値基準の意識改革に伴う産業構造の変革が進まない限り時間に追われるストレス社会でしか無いのかもしれない。そんな中でかけがえのない国民資産をむしり取られる方の怒りは治まらないように思う。八つ裂きにしてやりたいような気分だ!
性善説とか性悪説とか言うけれど僕の見る限りまじめな人が多いように感じる。ただ場を理解できない人、置き去りにされる人の問題は残る。原因はいろいろあるけれど個人差と場の多様性に起因している場合が多いように感じる。断片的理解と実践に伴う場の拡散といえるのかもしれない。まじめすぎると言った方が解りやすい。がんばらないで欲しいところでがんばらざるを得なくなってしまうような環境ができてしまうところに問題があるのだと思う。肩の力を抜いてのんびりかまえた方が良いと思うのだけれど、がんばりすぎて疲れきってしまう。どうもうまくいかない。ものづくりには構想から構成、企画、土台、本体、仕上げのように進めると思うのだけれど、構想構成企画は苦手なようで本体や仕上げを好む人が多いように感じる。大まかにくくることより枝葉末節に力が入ってしまうのだと思う。これではわがままばかりが表に吹き出してうまくいくはずなどない。時間に追われるストレス社会では結果の見える仕上げや本体ぐらいしか評価されず、ものづくりの環境整備などは評価する余裕すらないところもあるのだと思う。方法はいろいろあるのだろうけれど、対象ごとに基本となるいくつかの課題を絞ってそれ以外は自由にさせるのも良いかもしれない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

5S [情報]

品質管理の概念の一つとしての5Sが見直されてきているようだ。いわゆる整理、整頓、清掃、清潔、躾だそうだ。あるコラム欄では情報にも5Sが適用できると訴えていた。その通りだと思う。今5Sがもっとも求められているのは政治の世界かもしれない。いわゆる法律や規則、予算などの整理整頓である。作られすぎて整理できなくなった法律や規則、予算は権力者の思い道理に適用や除外のできる封建制度と同じことになってしまう。法治制度でありながら法治制度が成立しなくなってしまうと言っていい。元々日本の工場や事務所で当たり前のこととして普及してきたスローガンらしいけれど個人でも団体でも情報や規則などでも製品ばかりでなく心の面でももう一度見直されていいのかもしれない。迷惑メールはメールというより迷惑かつ有害なチラシと言っていい。しかも自己増殖するモノがほとんどだからからそれだけでPCやサーバーの負担ばかりが増えてPCやネット環境が重くなってしまう。とにかくPCやサーバーにある迷惑メールは速やかに駆除したい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ストレス3 [情報]

人は道具を使うことを覚え人として認知されるらしい。道具は言葉、文章によって受け継がれているのかな。石器と火を持って文明が始まり言葉を持たなかった先人達は滅んだ。ホモサピエンスが幕を開けたことになる。自然はより環境に適応できる者の社会として進化を続けているのも事実だ。そして現代、高度な文明社会は、多くのモノを創り育て大多数の人がそのモノを使いこなせなくなってきているのも事実だと思う。中国の言う企業秘密を公開しろというのも文明に取り残された焦りのように思う。現代文明に適応できない人たちの方が圧倒的に多くなってきていると言っていい。人の行動は環境に適応できなければストレスとなり時としてパニックに陥ってしまう。つい半世紀前、物不足の時代には使いこなせない道具などほとんど身の回りにはなかった、それだけ精一杯の時代であった代わりに手作りの代用品を使えた時代ともいえる。今はなにもかも創りすぎて使いこなせなくなってそれがストレスとなり時として自殺やパニックなどとして現れているのかもしれない。法律も創りすぎてほとんど理解の範囲を超えている。コミニュティの場も創りすぎてストレスや負担になっているのではないだろうか。テレビやパソコンなどの情報機器は特定の使い方しかできないと言っていい。身の回りのほとんどの環境が特定の使い方しかできない知らない、見えない不安の中で暮らしているといえる。身の回りから始めるならコミニュティの場を用意するだけで創らない方がいいのかもしれない。幹事さんは何かと準備するのが当然のようにとらえられていることに無理があるのだと思う。人は足りなければその場で自分たちなりの代用品を考える。必要最小限の理解できる場がそこにできるとも言ってもいい。人は上に立つと何かと手を出したがるのも事実だと思う、結果その場に取り残される人が増えて場が荒れてしまうのかもしれない。番組やゲーム、子育てなどでも同じだと思う。創られすぎていて疲れしまう場面が多い。足りないくらいの方がいいのかもしれない。ただそれも創られすぎた場では代用品まで計算されていて結局使いこなせないでストレスとなり荒んでしまうのかもしれない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

調査 [情報]

最近は意識調査などと称して数々の聞き取り調査などばかりが行われている。学校などはこのために教師の児童生徒と向き合う時間が割かれ何のため誰のための調査かわからない状態と言っていいのかもしれない。地方組織にも中央官庁からの調査依頼ばかりが流れていることは容易に推測できる。闇雲に数字ばかりを羅列して何のため誰のための調査なのか労力と時間ばかりが消費され国民の血税は数字の羅列のためだけに消えてしまう。数字は住民生活向上のためのはずがほとんど利用されることもなく調査のための調査のようであり調査結果は倉庫に埋もれてしまう。調査が悪いのではない、調査の費用対効果が全く考慮されていないと言っていい。それもこれも対人関係を築けずに無機質な文字と数字しか相手にできないコミニュケーション不足からの自信喪失かもしれない。自他共にその存在を意識できるような開かれた対人関係の中に自己及び自分たちの居場所が見つかればそのその集団から住民の意識調査ど行わなくてもおおよその推計ができると思う。自己及び自分たちの足下が揺れ動いていたらそれだけで住民意識とのずれが生じてその集団の不安解消のためであるかのような意識調査ばかりになってしまうのかもしれない。宗教などと同じくその膨大な情報に溺れてしまうのだと思う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

偽りの支持率 [情報]

強行再可決で支持率上昇ですか???小泉支持率と同じかな、金でねつ造した支持率とでも言うのかな。米国の尻拭いで何故支持率が上がるかね。在日の支持率でもあるまいし。考えられるのは米国献上油のキックバックでねつ造した支持率とでもしか言いようがないかも。それからアメリカの核の傘とか、イージス艦によるシーレーン確保とか言うけれど、テロや破壊を実行ねつ造する国際暴力団に任せたままでいいのかね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る