So-net無料ブログ作成
検索選択

できること2 [お金]

インターネット100Gで契約しているのに500K~10Mしかでない。20万分の1~1万分の1しか出ていないことになる。原因は無計画無責任な大量の回線販売だね。無料ワイファイ、格安シム、端末の高機能化による負荷の増加だね。接続業者はNTTから回線を購入して販売するわけだけれど、計算上の通信量を表示しているだけで顧客数の増加による通信量の増加は見ていない。NTTに支払う通信料は同じだからより多くの顧客に販売するほど収益が上がる構造になっている。デジタル機器は圧縮や割り込みができるので顧客数の増加がそのまま通信量の増加にはならないけれど、確実にNTTの通信容量を超えている。100Gをを1人で使えばそのまま使えるけれど、圧縮や多重化で100分の1、1000分の1にしても通信量が100倍1000倍になって顧客数が10万に増えれば単純計算で1Mしか出ないことになる。昔の無責任な車の販売による増加に道路整備が追いつかなかったのと同じだね。どうするのがいいのだろうね。無責任で計画性の無い政府や業者なのだろうか、無責任な利益優先の風潮が招いた避けようのない結果なのだろうか。
障害者福祉や難民支援などの公的需要にどこまで応えるべきなのだろう。憲法では国民に文化的で最低限度の生活を保障している。医療や科学技術が発展して制定当時の実情では想定できなかったような事例ばかりが頻発している。人工の手足やPCを駆使するなどした行動支援や、コミュニケーション術など障害者福祉の技術も解放されてきたといえる。ただその費用と労力は誰がどこまで責任を負うべきなのだろう。どこまで憲法の理念を適用すべきなのだろう。国民生活に準じた海外支援はどこまで行うべきなのだろう。多くの人が日々の生活が成り立たないほど貧困生活に落ち込み、平穏な日常生活が送れないほど追い詰められている。一つ一つの支援のかかる費用は少なくても膨大な対象と長期で継続的な需要に答えられるほどの能力も資力も労力も有していない。地方財政も国庫も有限であることを忘れているようだ。限られた能力、資力、労力であることが見えていないのだろうね。
対立軸の設定がいいのかも知れない。邪道だとは思うけれど全方位外交による無駄や内乱などを考えたら敵対勢力としてまとめた方がいいのだと思う。民進党などが対立軸を作ろうというのだから素直に敵対勢力として受け止めるだけでいいのだと思う。その方がスッキリするし何よりも安上がりだと思う。物事を成し遂げるにはそれなりのスキルと労力が必要なわけだから簡単なスキルであまり労力を必要としない敵対勢力の設定は昔ながらの方法として受け入れざるを得ないのかも知れないね。ところで温暖化問題だけれど平均賃金の変化から考えたらほぼ半減していることになるね。その分途上国の発展が人口増加と生活程度の上昇として温暖化に直結していることになるね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

個人金融資産 [お金]

個人金融資産1,741兆円。政府の借金ばかり大騒ぎするけれどそれを遙かに超える個人金融資産が企業の内部留保などとして蓄えられている。多くの人が非正規雇用などで家庭が持てない、生活できないと困り果てているのにね。こんなに貯蓄ばかりして何をしたいのだろうね。消費税増税、法人税減税、海外支援ではないと思うけどね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

金利2 [お金]

マイナス金利か。借金して利ざやを稼ぐ、おまけに円高傾向では良い餌食にされるだけだね。マイナス金利というのは成立しないみたいだね。金融機関がマイナス金利で貸し出すとは思えないけれど、マイナス金利は、金利と言うより預かり貸し出しの手数料が一般化しそうだね。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

地産地消15 [お金]

自動車産業は日本の基幹産業です。自動車産業を優先するあまりそのしわ寄せが他の産業に及ぼす影響が見過ごされていないだろうか。国として考えたとき自動車産業はかけがえのない産業ですが自動車業界という一部の産業であることも事実です。自動車業界に従事する人たちとそれ以外の人たち。顧客がいるからこれらの業界が維持できるわけで、その顧客が限られた有限の存在であることも事実であり、何よりも彼らの可処分所得を自動車産業に振り向けられなければ自動車産業は成立しません。電気や機械産業なども同様でしょう。顧客の懐具合を考えざるを得ません。顧客がいるからこれらの産業が成立するわけで、産業に顧客を合わせるのは誤りだと思う。需要に合わせて供給体制を組み立てるのが本来のあり方だと思うし逆は成立しないと思う。日本は多くの潜在的需要のある国だと思う。ただし多くの可処分所得を失ってきたのも事実だし、貧困に飲み込まれ日々の生活に追われる人たちばかり増やしてきたのも事実だと思う。適正な雇用と消費、需要と供給が成り立つようにすべきなのだと思う。適正な質や価格の維持決定がなされることが必要であり、そのための教育や資格、雇用など環境の適正化が優先されるべきなのだと思う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

地産地消14 [お金]

働いて賃金を得て生計を立てる。年金や福祉、利子や配当など不労所得で生計を立てる。暇をもてあまして病院に通い、自己の存在があやふやになり、自信を失い閉じこもってしまう。糖尿病や認知症などの生活習慣病に冒されなすすべもなく、時間ばかりが過ぎていく。福祉の充実なのだろうか。雇用環境の充実なのだろうか。雇用と消費を考えるとき昨今の国際化、共通化、標準化は辛く厳しい環境を作り上げるばかりです。膨大な海外投資と国内の空洞化、暇をもてあまして年金や福祉に甘え、病気の渦に巻き込まれ国内経済は悪化の一途をたどるばかりです。海外からの輸入と不労所得による消費でますます働くことを忘れてしまう。過去のブロック経済からの戦争がトラウマになっているのだろうか。企業統治=利潤追求なのだろうか。個人の利益を優先するあまり企業の利益が忘れ去られてしまう。企業の利益を優先するあまり国家や地域の負担が見過ごされてしまう。誰のため何のための国際化共通化標準化なのだろう。企業統治のあり方はどうあるべきなのだろう。地域や国家統治のあり方はどうあるべきなのだろう。国土保全環境保全はどうあるべきなのだろう。働いて家族がいて平穏な生活がおくれれば良い。当たり前すぎてより豊かな生活を求めて抗争が始まり、持てる者持たざる者の差が開きいつしか貧困への道を歩み始めている。雇用からの生産は忘れ去られ、輸入に頼り福祉に甘えるだけの生活に走ってしまう。雇用と福祉と消費は密接な関係にある。自分たちで生産と消費が成り立つなら、福祉は限りな不必要なモノに近づいていく。早い話自給自足が成立するかどうかだね。優先すべきは雇用の確保であって年金や福祉の充実では無いと思う。働いて賃金を得て生計が成り立つようにする。交易や福祉は補助的なモノであるべきで交易や福祉が優先されるとき破綻崩壊が始まるのだと思う。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

音楽 [お金]

聴く音楽から見る音楽になってきて久しい。レコードからCDのままになっている音楽業界なのだと思う。アニメや映画などはDVDからBDに成って売り上げを伸ばしている。見る音楽は販売されいないのだから仕方が無い。売れると思うけどね。TVやタブレット、スマホで見る、聞くのも映像としての音楽です。音だけのCDの時代は終わっているのだと思う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

破綻処理 [お金]

年金や福祉に群がる人たち。破滅だね。その方が良いのかも知れない。無理繰り延命措置を施しても先の敗戦処理のようなモノでより悲惨な結果を招くだけだと思う。先の見通せない会計は速やかな破綻処理が必要なのだと思う。助ければ良いというモノではない、破綻処理が優先されるモノでもない。速やかなる選択が新しい再生、再出発になるのだと思う。歴史を見る限り速やかなる破綻処理ができたのは数えるほどしかない。その多くが悲惨な結果に終わっているのも事実です。室町政権の終結時、先の大戦など。江戸幕府の終結は成功した例なのだろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

海外支援 [お金]

海外純資産366兆円。海外投資残高366兆円。国富の流出残高366兆円。増税などで公的負担金が膨らみ生活できない人が続出しているのに366兆円、ODAなどの無償援助を除いてもこれだけ海外支援残高が膨らんでいるんだね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

相続5 [お金]

先延ばし先延ばしにしてきた、戦後処理の総決算。反日感情をあおり立てて築き上げてきた中韓の文化風土、戦後政治。北の問題が先送りされる中、米ソの冷戦に覆い尽くされ、振り回されてきた日本の政治。代替わりと財閥解体ばかりが進み、核家族化、家族分断政策ばかりがもてはやされ詐欺が横行するばかりだった。そして標準化共通化の行き過ぎた競争社会が当然のことのように非正規雇用ばかりがもてはやされ貧困が進むばかりだった。オウム返しのようにポツダム宣言を履行せよと言うばかりの、反日感情で成り立つような中韓の政治。自己の失敗を認められない成功者をねたむだけの子供と同じなのかな。これらがつきまといや嫌がらせとしての反日運動に結びついているのだろう。友好関係を築こうと行われた数々の支援行為は歪んだ民族形成にしかつながらなかったのだろう。不正献金と反日感情で作り上げてきた外交関係だったのだから必然の結果であったのかも知れない。偽りの文化に未来はないのだと思う、貧困が待っているだけだと思う。70年前の環境はすでにここには存在していない。偽りの継承という先送りは成立しないのだと思う。あるがままの姿を受け入れられなければ、先延ばし先延ばしの戦後処理が続いていくだけなのだと思う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

税金 [お金]

余裕を失った国日本。余裕を失った都市東京。一昔前町の至る所に空き地があり子供たちの遊び場になっていた。商業施設が建ちひとつまたひとつと空き地は消えていき、そして今商業施設は撤退して空き家廃屋に埋められている。職を失った人たちが居場所を失い病院福祉施設にあふれかえっている。福祉予算が足りないと増税の話ばかりが進んで、ますます仕事が成り立ちにくくなり失業者脱落者ばかりが増加している。役割役目を失った空虚な存在に耐えきれず、生きる気力さえ失いストレスとなり暴力暴言として爆発させたり、過食嘔吐や自傷行為など逸脱した行動にも結びつきやすい。道路や鉄道、箱物が欲しいのではない。難民救済などの海外支援の体力も今はない。家族として集落として自活するしかないのだと思う。外部からの調達が資産の流出となり貧困に結びついてしまう。安かろう悪かろうでしかない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る