So-net無料ブログ作成
検索選択

適正範囲 [政治]

共通化標準化への挑戦はなかなかうまくいかないようです。ユーロは失敗だったのだろうね。WINDOWSも失敗だったのだろう。言語は共通認識ができつつあるのかな。しかし弊害も多いようでスパイ活動や著作権、商標権の乱用なども酷いようです。ネット環境に見るなら新しいハードと継ぎはぎだらけのソフトに振り回されているようです。PCやタブレット、スマホや家電など機器に合わせてソフトを組み込んだモノは比較的うまくいっているようですが、ソフトに合わせて組み立てたハードはまともに動かないモノさえあるようです。通貨ありき、言語ありきの現状に振り回されてしまうのだと思います。対人関係と同じで組み合わせることによる双方の利益が見込める場合だけ成立する理屈なのだと思います。一方の都合だけで作成されたモノは無理が生じてしまうのだと思います。最近は部品数の増加による、一部の部品素材の不具合が、全体の不具合に繋がることが増えてきています。品質管理の行き届かない部品素材が紛れ込んでまともに動かないモノさえできあがってしまう。これが責任ある物作り、対人関係を築いているならこのようなことにはならなかったのでしょう。標準化共通化が招いた失敗なのだと思います。適正規模、適正範囲というモノがあるのだと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

政治2 [政治]

政治は人の心であって裁判では無いと思う。ようするに好きか嫌いか、信じられるか信じられないかにつきるのだと思う。よく政治の不祥事を裁判にかけるけれどあなたが信じるモノは裁判なのだろうか、それとも選挙結果なのだろうか、どちらも信じられないのかな。サイレントマジョリティなどと言うけれど、政治を動かすモノは人の心の声に他ならないと思う。だから名君も出れば暴君も出てくる。今は民主主義、法治制度が浸透している時代です。もちろんこれも世界では通用しない。お隣の中国など法の上に共産党が存在するし、選挙も行われていない。イスラム諸国などはイスラム教による統治が行われている。経典が憲法のように存在しているわけだ。だから何を行っても”神の名の下に”で処理されてしまう。日本やイギリスなど立憲君主主義として成立している国家も少なくない。共産党などは天皇制そのものを認めていない。欧米ではキリスト教が大きな影響力を持っている。政教分離が言われていても、日本国憲法もだけれど、欧米の憲法そのものがキリスト教の思想に基づいたモノなのだろう。”神の名の下に”は生き続けているのだろうね。それを否定したのが共産主義だけれど”マルクスレイニン思想の下に”で”神の名の下に”と同じだと思う。あなたが望む社会制度はどのようなモノなのだろうね。いやあなたは今の選挙制度による民主主義をどこまで信じているのだろう。あなたは日本の裁判結果をどこまで信じているのだろう、中国の裁判結果は?欧米の裁判結果は?。あなたの好き嫌い、信じる信じないの判断基準にどのように影響しているのだろう。では今の選挙と民主主義で何ができるのだろうね、何ができないのだろうね。共産党の一党独裁による専政政治なのだろうね、なら何ができるのだろうね、何ができなくなるのだろうね。こんなことどうでもいいのかも知れない、平穏な日常生活が送れればいい、それだけかも知れないね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

子育て4 [お勉強]

他人の尻馬に乗ろうとする政治家や資産家ばかりが増えてきているようです。政治や経済のリーダーとなるべき存在が嘆かわしいばかりです。自ら政治や経済に責任を持とうと言うような意識は消え失せているのかもね。だからハゲタカファンドのような賭博としての政治活動や資産運用しかできなくなってしまう。リーダーとして責任を持って政治や経済と向き合うような政治家や資産家はほとんど皆無のようです。居たとしても解明不能などとして政治や投資をAI任せの博打の基準でしか判断できなくなってしまう。子育てのように自ら政治や経済を育てていこうとするなら、現在のような運営基準、判断基準にはならないと思うけどね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

相続7 [政治]

憲法で勤労、納税、教育の義務が課せられている。でもその対象は誰なのだろうね。外国人のために働き、外国人のために納税して、外国人に教育を施すのでは無いよね。家族のために働き、家族のために納税して、家族子弟に教育を施すのだよね。では税金はどのように使われているのだろう。予算配分を見ても福祉や土木、教育などとなっていて、それらの対象は書かれていない。皆に公平に平等にが大原則になっている。働くほどに重税が課せられる構造になっている。働けなくなり生活が成り立たなくなると保護機能が働き年金や福祉など手厚い保護の対象になる。普通の国民は教育や家族関係などがしっかりしているから余程のことが無ければ保護の対象にはならない。では誰を対象にしているのだろう。日本の環境になじめない人が主な対象者となる。日本の環境になじめない日本人はほとんどいないと思うけどね。誰のための福祉予算なのだろうね。誰のための公共事業なのだろうね。誰のため何のために働くのだろうね。野生動物などの生態を見る限り、生きるため、子育てなどのために活動しているだけのように見える。人間のように見ず知らずの人たちのために働くようなことは無い。自身や家族が生き残るための活動ととらえてほぼ間違いないのだと思う。自身や家族の生活のための活動から離れることはあり得ないのだと思う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。