So-net無料ブログ作成
検索選択

適正範囲 [政治]

共通化標準化への挑戦はなかなかうまくいかないようです。ユーロは失敗だったのだろうね。WINDOWSも失敗だったのだろう。言語は共通認識ができつつあるのかな。しかし弊害も多いようでスパイ活動や著作権、商標権の乱用なども酷いようです。ネット環境に見るなら新しいハードと継ぎはぎだらけのソフトに振り回されているようです。PCやタブレット、スマホや家電など機器に合わせてソフトを組み込んだモノは比較的うまくいっているようですが、ソフトに合わせて組み立てたハードはまともに動かないモノさえあるようです。通貨ありき、言語ありきの現状に振り回されてしまうのだと思います。対人関係と同じで組み合わせることによる双方の利益が見込める場合だけ成立する理屈なのだと思います。一方の都合だけで作成されたモノは無理が生じてしまうのだと思います。最近は部品数の増加による、一部の部品素材の不具合が、全体の不具合に繋がることが増えてきています。品質管理の行き届かない部品素材が紛れ込んでまともに動かないモノさえできあがってしまう。これが責任ある物作り、対人関係を築いているならこのようなことにはならなかったのでしょう。標準化共通化が招いた失敗なのだと思います。適正規模、適正範囲というモノがあるのだと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。