So-net無料ブログ作成
検索選択

信じるモノ [政治]

スパイ天国などと呼ばれている日本。監視社会は今に始まったことでは無い、ただ対象が一般人から組織的犯罪集団にまで広がるだけだと思う。中国や北朝鮮の実情に現れているとおりだと思う。監視通報告発は中国や北朝鮮など共産圏の常套手段であろう。しかもすべての権限が共産党本部にあるわけだから法も秩序も存在しないのだと思う。元々共産思想は相続の否定から始まっているわけだから、家族親族の否定につながり生命の原則をも否定しかねない発想であろう。共産思想の政権はクーデター政権に他ならない。現政権を革命によって転覆させることで成立した政権である。クーデターによって成立した政権なら同じことが現政権にも成立することになる。相続を言うなら過去の政権と相続権の整合性をとる必要がある。ただ相続権の否定は成立しないしありえない理屈なのだと思う。ただ現政権に対する不満が爆発した結果のクーデター政権でしか無いのだと思う。これらを支持するしないは国民住民の選択に帰するだと思う。こんな理屈だけの政権をあなたは支持するのだろうか。これまでは公平平等の下、資産のぶんどり合戦が相続という名目にかき消されてきた。乗っ取り、クーデター、詐欺、偽証、何でもありの資産形成が行われてきたわけだ。これで国が落ち着くわけが無い。しかもこれらは自力で勝ち取ったモノでは無い、米ソの対立と承認で分割された資産に他ならない。これで米ソ中韓台北に逆らえるわけが無い。逆らうことは自身の身分を失うことに他ならない。外国支配の日本、そのしわ寄せは国民に押しつけられる構造になっている。どうするのがいいのだろうね、自主独立は険しいね。平和の奴隷に甘んじて死んでいくのかも知れないね。資産のぶんどり合戦に参戦しての日本の崩壊の方が自由があるのかも知れないね。ただこれは国を失ったユダヤ人の生き方と同じように思う。あなたが信じるモノは何なのだろうね。米ソなど外国勢なのか、国を滅ぼした人たちにもう一度夢を見るのだろうか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る