So-net無料ブログ作成
検索選択

家計 [政治]

限られた収入でやり繰りする家計には必ず我慢やあきらめが混在している。どんなに欲しいモノ必要なモノがあっても我慢したりあきらめざるを得ない。これが自治体や国家となると適用除外になってしまうようだ。必要だから俺のメンツが立たないからの方が優先してしまう。権力者の傲慢やわがままに振り回されるだけの収入管理税収管理になってしまうようだ。これでは国民生活住民生活が成り立たない。選挙って何のために行うのだろうね。国民住民の意思表示として欠くことのできないモノ。そうなのだろうね。選挙結果が国民住民の意思として結果だけの無条件白紙委任になってしまう。生活できない、生活が成り立たないのだよね。これらに答えてくれる候補者はいない、出てこられない。障害者福祉だと言って重症者、重病人ばかり優先されてしまう。重症者重病人難病患者のために家計が破綻してしまう、地域財政国家財政が破綻してしまう。必要だから俺の顔が立たないからが優先してしまう。難民支援や海外支援ばかりが優先してしまう。彼らがかわいそうだから、放っておけないから、赤字の家計と地域国家の財政破綻が目に見えている。スポーツは大切で国民に夢と希望を与えるモノ、オリンピックはその最たるモノだから優先させなければならない。お金は無いよね。必要だから、大切だから、家計ならどうするのだろうね。物品税が消費税3%になり、5%、8%と歩んできた。どこに消えてしまったのだろうね。何が変わったのだろうね。途上国の生活が豊かになり、温暖化が進み、難民が増え続け、ストレスばかりが大きくなり少子化が進み、孤立化単身世帯ばかりが増えてきた。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。