So-net無料ブログ作成
検索選択

排他性 [宗教]

無責任な上司と傲慢な上司。国民の生命財産を守るってどういうことなのだろう。安保反対、戦争反対、憲法守れのお題目では無責任だ。消費増税、法人税減税、海外支援では傲慢だね。家庭が持てない、生活が成り立たないのだ。これで増税と平和憲法護持では女は風俗、男はホームレスに成ってしまう。これでは傲慢で無責任な運営でしか無い。そうならないために目的や対象を絞り込まなければならない。大衆課税、国際化標準化共通化は思い上がりでしか無い、国民住民を奴隷にするだけだと思う。財閥解体、共産思想、革命運動の負の遺産だと思う。ならば安保反対、戦争反対、憲法守れは思い上がりを助長させるだけでしか無い。身の丈に合った品位と風格を保つことが国民の生命財産を守ることになるのだと思う。身の丈に合った防備と抑止力は当然の権利であり義務だと思う。宗教や共産思想は溺れやすい理想論でしか無い、あくまで実生活に取り込めるように運用することで、東西冷戦や宗教戦争と同じ原理主義に陥らないことが肝要だと思う。国際化標準化共通化を目的にしたTPPや共産思想は巨大独占企業の形成であり、対外脅威論でまとめる排他性の強い一神教と同じ発想でしか無いと思う。傲慢で無責任な宗教戦争の2000年の歴史が、TPPや共産思想としてこれからも繰り返されるだけなのかも知れない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。