So-net無料ブログ作成
検索選択

子育て3 [お勉強]

子供を作られたら男に勝ち目はない。訴えられた時点で何らかの合意点を探さなければならない。引き延ばせば一生を失いかねない。検査は将来に禍根を残すだけだろう。明らかな嘘であれば争えば良いのだけれど信用失墜はさけられない。親や周りの人の任せるしかないのだろう。この場合自分の手の届かないところで人生の決定が行われることになる。これも敗北だね。何もかも忘れてやり直せれば良いのだろうけれど前科者になってしまう。子供は親次第でその生育環境が決まってしまう。詐欺を承知で売春擁護協会を受け入れれば彼女や子供に危害は及ばないだろう。何の確証もない無条件降伏だね。吸血鬼にその命を差し出すようなものだね。売春擁護協会に頭を下げるしかない。90のおばあちゃんを元慰安婦と言い出すような人たちだ。困っているのは風俗産業であり、二十歳前後の売春婦であり、売春婦の子供であることを受け入れられないと言うことなのだろう。子育てに困って政府を訴えているわけだ。こうして生まれた子供たちの生育環境が決まってしまう。このような環境にしたのは男どもに他ならない。男どもが彼女たちをこのようにしてしまったと訴えられているのである。これで国の将来が決まってしまうのだからどこかに合意点を見つけるしかない。目的や対象を絞り込むことなんだろうけれどTPPなど国際化共通化標準化を求める声ばかりが大きくなるばかりだ。理屈は理屈でこれでは勝てない。恐るべし売春擁護協会と泣き寝入りするしかないのかも知れない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る